ブログトップ

くままの部屋 in Hawaii

mizuhonn2.exblog.jp

まいった…

まいった、まじで、ほんとに。
この数日、ものすごい痛みに苦しんでました。

歯。

なんだか左の奥歯が痛いなあと思ったのが月曜あたり、でも疲れてるし、左の肩と腕がここしばらく痛かったのでそのせいかな、と思っていた。
水曜の朝、ちょっと痛みが悪化、タイレノールを飲んでヨガのミーティングに行き、そのあと友達に会い、フツーに子供をお迎えに。
公園で遊んでいたら、だんだん痛みが悪化…これはやばい。
そんな時に限って徒歩…しかも海流のベビーカーもなし。
がんばって歩いていたら、やっぱし途中で海流がダウン。
しかし火事場の馬鹿力というか、あまりにも歯が痛くて早く帰りたいので、海流をだっこしてずんずん坂道をのぼるアタシ。

そこから地獄が始まった。
タイレノールが2時間もたない。
なんとか薬の力をかりて夜のクラスを教えたけど、途中でも薬飲んだりして。
普段アメリカの痛み止めはきついからあまり服用しない私だけど、それが全く効かない。
もちろんそんな状態で眠れるはずはなく、2時間おきにきっちり目が覚める。
そして激痛。
また薬飲んで、少しうとうとして、また起きる。

実は…今保険のない私たち。
ダディが独立して、まだ健康保険の手続きをしていないのだ。
だから歯医者なんて絶対行かない!と思ってたけど、そんなこと言ってられない!
知り合いのいとこの歯医者を紹介してもらい、ヨガのクラスもすべてキャンセル。
激痛で集中できないので運転もできない。
忙しいダディに申し訳ないけど送迎してもらい、歯医者へ。
歯医者って行くの嫌だったけど、今日ばかりは神様にでも会うような気持ち!この痛みをなんとかしてくれるならどこへでも行きますっ!

が、そんな簡単なものではなかった。
結局歯医者役立たず(←失礼だって)。
なんと、昔にやった歯の神経治療がきちんとできていなくて、そこが膿んで炎症を起こしているという。
これはとてもよくあることで、特に日本の歯科治療は神経治療がいまいちなんだそう。
日本からアメリカにきて神経治療をやり直すことは非常に多いのだという。
日本では通常の歯医者で神経治療もしてくれるが、アメリカでは完全に別。
神経治療のスペシャリストに別途予約をとらなければならない、しかも彼らはとても混んでいて、下手すると1週間以上まつのだそうだ。
こ、この状態で1週間!?
いやいや、安心しなさい、といった風に、その歯医者がとりあえず抗生物質と強い痛み止めを処方してくれるという。
でた、Vicodin!
そう、マイケルジャクソンが大量服用していたという、あれです…こ、これならこの痛みもおさまるかも…?

薬を手に入れてすぐに服用、ダディは紹介された歯科医に電話をかけてくれたけど予想通り混んでる。
最速で水曜日…でもまあ、薬でこの痛みが収まれば待てるか?

と、思いきや。

効かない。
あの有名なVicodinが効かないーーーーー!

私っておかしいのか?
飲んでも痛みが、ちょっと収まった気はするけど、全然ふわふわした感じもしないし。
この薬は強いので、服用中は運転絶対禁止、というけど、歯、痛いんですけど…気もはっきりしてるんですけどっ。

そんなわけで、またもや眠れない夜を過ごし、ぐったり。

たかが歯一本でこんなに苦しむとは。
強い痛み止めも効かないという事実が精神的にもすごいきつい。
何をしても痛い、どうすればいいのかわからない。
使い物にならない、まったく。

薬がちょっと効いている頃合いをみはからって夕飯の支度したりして、すぐにきれるのでまたぐったり。
そんな状態に朗報、ヨガの先生が私の代行依頼メールをみて連絡をくれた。
自分も同じ状態で、歯医者が紹介してくれた神経治療の歯科医がその日にみてくれた、という。
藁にもすがるおもいで、ダディにその医者に連絡してもらう。
本来は最初にいった歯医者の紹介医に行くべきだけど、そんなこといってられん!

なんと。
その日、金曜当日に診察してくれるというではないか!!!
またもや神様に会うような気もちでダディに送ってもらう。
今度こそなんとかしてくれますように…。

会って、ちょっと診て、歯をこんこんとたたいて、じゃあやろう、とすぐに治療。
無駄口なし、ささっと器具をセットして、助手のひともベテラン。
普通の歯医者に行くと、日本よりすすんでいるというがそうでもないじゃん、と思ってたけど、ここは違います。
さすが…って感じ。
口をあけた状態を保っていられるよう器具をいれて、上からカバーをかぶせ、手際よく麻酔処理。
で、治療も長くかかるかと思ったけど1時間もかからず終了。
強い麻酔がきいてるせいもあるけど、ひさびさに全く痛みがない状態で夢心地〜!

再度痛み止めと、抗生物質を処方されて、はいおしましです。
治療費は予想通りの金額だけど、でもこれはほんとプロの仕事、そして先生はささっと次の患者さんのところへいってしまった。
おもいっきりハグしてありがとうううううううと叫びたいくらいだったのに、そんなすきもなく(ってあたりまえじゃ)、受付の人に、くれぐれもよろしくお伝えください!と言ってきた。

強い痛み止めを処方されるのだから、そりゃもちろん痛みは続きます、だって骨にまで達してるとこをぐりぐりやって治療したんだもんね…麻酔がきれたらまたもや激痛です。
で、痛み止めは効いたり、効かなかったり…なぜなのかわからないけど。
仕方ないのでタイレノールとヴィコディンを代わる代わる飲んでみて、とにかくなんとか痛みが少しでもやわらぐようにやり過ごす。
完全にオーバードースですな…でも仕方ない、抗生物質が効いて、炎症おさまれば痛みもおさまるはず、だから。

ヨガの練習もさすがにお休み…マイソールはじめてから、初。
高熱とか吐き気腹痛とかより、つらいかも、この歯痛。
効く薬がないっていうのがまた。
痛みが完全に収まるまでは薬を持ち歩くことになりそう…でも治療は終わったので、あとは回復をまつのみ。

歯は大切にしないとね…。
[PR]
by mizuhonn2 | 2011-09-11 13:32 | Others
<< Big 7th BD Party! 3連休 >>