ブログトップ

くままの部屋 in Hawaii

mizuhonn2.exblog.jp

地下に住む魔女

ついに火花を散らしてしまった。
誰と?

我が家の階下に住む人…魔女。

彼女はひとりで半地下のスペースに、もう10年以上も住んでいるらしい。
以前にも何度か書いたけど、これがもう、何か文句をつけてやろうと常に考えているタイプ。
今まで、掃除機がうるさい、車をドライブウェイに停めるな(ダディがサーフボードの積み降ろしをしてる数分間だっていうのに)、大洋が家の後ろがわにまわったのが気に入らない、などなど。
でもトラブルはさけたいので、下手にでて謝ったり、クッキーを持っていったりしていたのだけど、前回素直にあやまった大洋に対していかついかおで叱った時点で、『このくそばばあ』に変更。
挨拶はするけど、それ以外は接しないようにしていた。

で、今回のは、駐車するときに彼女のドアに近すぎる、これ、すでに何度か言われている。
というのも、私たちのパーキングは彼女のドアの正面なのだ、でもこれは大家さんから言われている場所でどうしようもない。
なるべくポールに寄せて停めているけど、それに気を使いすぎて何度もミラーをこすったほど。

海流をお迎えにいって戻ってくるとおもむろにドアがぎいいいっとあく。
あ、またなんかいいにきたな、と直感でわかった。
で、車を十分寄せてない、またきたか。

ここでわたしの堪忍袋の緒がきれた。
いい加減にしろよ、って。
あのね、ちょっとこっちきてみてごらん、私たちアナタのために何度もミラーとかこすってるんだよ?
ここが私たちが停めろと言われてる場所なの、文句あるなら大家にいってよ。
全く聞こうとしない彼女、あげくに階段のてすりのところをさして、ここより内側に停めたらだめなんだ、外側に停めろと言うじゃないの。
何サマ???
大人げないが声を荒げて
I don't think I can park any closer this, if you have any thoughts, tell XXXX(大家さんの名前).
(これ以上ポールに寄せてとめるなんて無理だっちゅーの、文句あるなら大家に言いなっ!)
というと、魔女はすごんで捨てゼリフ。
I won't take any responsibilities if I hit your car from now!
(いいかい、今後ドアが車にぶつかってもいっさい責任はとらないからね!)

脅迫かよっ!

怒ってダディにことの顛末を話すと、大家さんに電話してくれるという。
そうだ、言われる前に言おう、妻が涙ながらに(魔女にいじめられたっていって)電話してきたと言ってくれ、といっておいた。
ご近所とは仲良くしておかないと、と思ってガマンしてきたけど、その結果がこれ、ワタシは言い返さない日本人だと思ってわたしにばかり文句を言ってくるのだ。
そりゃ大きな間違いだよ、魔女さん。

結局大家さんは私たちの意見はもっともで、そんなことを彼女が言っていたのか、と驚いた様子だったらしい。
Maybe she had bad day
と言ってたらしいが、いやいや、そんなこというなら
She is having bad day all the time!!!
って感じなんですけど。
感じよかったのなんて、引っ越して最初の挨拶したときくらいなんだけどね?

さて、ちなみにどのくらいの距離かというと↓
d0184941_910354.jpg



そして彼女とのドアの距離は↓
d0184941_9122933.jpg

全然ぶつからないって。

そして、実は彼女のドアはもうひとつある…バックヤードに面したドアも、あるのだ。
最後に『気に入らないならあっちのドアを使えば?』と言いたかったけど、それはやめておいた。
私も丸くなったもんだ?
[PR]
by mizuhonn2 | 2010-10-30 09:14 | Others
<< Jack-o'-lan... ヨガ三昧? >>