ブログトップ

くままの部屋 in Hawaii

mizuhonn2.exblog.jp

ヒトに優しく?

人振りみて我がフリなおせ、とか、人に優しく自分に厳しく、とか言うけど。

なんだかいろんなことを学んでます、ここのところ。

人の欠点はよく見えるけど、自分の欠点って見えにくい、いや、むしろ、見ないようにしてしまうのかもしれない。

人間は誰も弱いところと強いところがあるし、サイボーグじゃないから体調も崩す。

だからね、人が病んでいるときはやっぱりそれを『なんでそんなに弱いんだ!』じゃなくて、『そんなときはゆっくり休みなさい』と言ってあげたい。

だけど仕事となるとなかなかそうもいかなくて…私は自分自身にも結構厳しくしているつもり、だから相手にもつい望みがち。
ここのところ、職場の講師たちが次々に風邪だ、怪我だとドタキャンが相次いでいる。
最初は『ふっざけんな〜熱だと?解熱剤のんでこい!』と思ったアタシだったが、ここはハワイ、しかもアタシたちは皆パートの身。
そんな身を挺して仕事にかけることもないのだ。
早朝や夜間に講師たちから結局私に連絡がはいるので、やりくりするのは私。
それでいらっとくるのは否めないが、来れないもんは仕方ない、諦めるしかないと割り切るようにした。

と、中でも年配の講師が、すごく責任をもって仕事してくれてるいい人なのだが、人に厳しい、このタイプ。
次々とドタキャンの続く中、彼のイライラは増し、通常より多い生徒を教えなくてはいけないので大変だと愚痴をこぼしていた。
私のお休みの日にまた1人風邪で講師が欠勤、他のスタッフがその穴埋めでまたクラスをわけようとしたら彼が爆発、無理だと言い張り、プライベートの予約をキャンセルしろと彼女に命令したらしい。
その日の講師は4名、生徒が17名、そしてプライベートが1名で講師が1名、の予定だったので、グループの方を講師3名で生徒を振り分け、プライベート1名、無理難題ではない。
確かに1クラス5名までが原則だが、原則というのは例外ありき、世の中『絶対』なんてことはないのだ。
だが彼は頑として聞かず、そのスタッフは仕方なくプライベートの生徒さんをキャンセルしました、とお休みのアタシに連絡がはいった。
その日はしかも課外授業だったので、講師1名につき生徒の数が増えても、はっきりいって、どーってことはない、はず。
が、他の講師も彼の剣幕に逆らえなかったようだ。

終わったしまったことは仕方ない、私がちょうどお休みだったのも運が悪かったが、プライベートの生徒さんが良い人だったのは幸いだった。
かなり前から予約をいれてくれていた生徒さんだし、コースの初日だったので本来キャンセルはするべきじゃない。

で、なんとその2日後。

その講師から早朝にメッセージ。

風邪で動けない、急で申し訳ないが今日はどうしても出勤できそうにない。誰か代行はできるか、もし無理なら僕のクラスの生徒を他のクラスに振り分けで欲しい

…なんやとーーーーーーー!

やっぱね、人間ですから。
いいんですよ、仕方ないの、でもああやって他の人を責めた後では、『風邪です』とも言いにくいでしょう?
しかも6名教えるのは大変だ!と言ったあとに、『僕は大変だけど、君たちは大丈夫でしょ、6名になっても、お願いね』とはいいにくかろ?
でも、動けないんだから、仕方ないよね?

私は文句言わず、ちゃっちゃと他の講師たちに振り分けし、彼にはゆっくり休んでね、もしよくならなそうだったら明日の手配もするので連絡ちょうだい、と返信した。
他の講師達は、6名受け持つことになっても、了解、と文句いわず。
だって自分たちもドタキャンしてるしね(笑)。

私も偉そうにいえません。
人に厳しいから(笑)。
でもほんと、自分だっていつ倒れるかわからないし、間違いもするし、欠点もいっぱいあるから。
自分がこうだから相手もこう、という方程式はありえないよね。

季節の変わり目だからな、体調不良が多い。
皆様気をつけてね。
by mizuhonn2 | 2013-09-13 05:41 | Yoga
<< アドバンス?! First My CAR! >>