ブログトップ

くままの部屋 in Hawaii

mizuhonn2.exblog.jp

ゴミ係

私の駐車場は、はいってすぐ、一番入り口のところにある。
たまに目の前に車が路上駐車してあったりして、『てめえー邪魔だ!』と怒鳴りたいところをぐっとこらえて、何度も切り返して停めたりする。

先日買い物して帰宅すると、ゴミの収集日だったので空になった大きなゴミ箱が散乱。
これまた切り返してなんとか駐車し、その後ゴミ箱をきちんと元の場所に移しておいた。

この、ゴミ箱の移動、特に誰がすると決まっているわけではないらしい。
私の住んでいる棟は24世帯、ハワイで、こういうボランティアルールというのは成り立つのか?
引っ越してすぐに気づいたのは、私の2部屋先に住む年配の女性が、大抵そういうことを黙ってしてくれているということだった。
駐車場をはいてくれたり、でっかい6個のゴミ箱を前夜道路に出し、回収が終わったらもとに戻す。
私も、彼女がしているのをみたときは必ず手伝うようにした。
簡単なことなようだけど、意外とみんなしないのね。
だって、道路を挟んでたっている同じ造りのビルは、このゴミ箱が常に道路にむけておいたまま。
これは歩行者の邪魔になるし、見た目も非常に悪い。
うちのビルはいつもきちんと戻してある、これきっと彼女がいるからだ。

ココ数回、彼女がする前に私が気づいてするようにした。
だけどこのあいだは子供を送って買い物していたりして、遅く戻ってきたらそのままゴミ箱が散乱していて車を駐車場にいれるのにも邪魔なほど。
いつもの彼女は早く出かけていたらしい、すると、他の人は全く無関心、というわけだ。
別に他の住人がイヤなやつ、というわけではなく、皆別に普通の人で挨拶もする。
中には敬虔なクリスチャンもいて、ジーザスに捧げる心意気を語ってくれた人もいる。

いやね。
いいよ、ジーザスを愛するのも。
車を手入れするのも大切だし、仕事も忙しいだろうし。
でもって近所のことに目を配って何かと噂話するのも、まあ人生には必要かもしれないよね。

だけど、神を語る前に、自分の出したゴミのちょっとした後始末くらい、できるのではなかろうか。

日本みたいにめんどーなシステムがあるわけじゃない、ほんっとにいい加減(笑)。
でっかいゴミをがばがば捨てるアメリカ、ただゴミのつまった重いゴミ箱をずるずるとひっぱって移動して、空になったものを戻す、1分ですむ単純なこと。
だけど、これが意外と、誰もしないという事実。
『誰かがやるさ』という考えは、万国共通か?

ほんの数分、別に偉そうに言うわけじゃないが、自分の住んでいるとこだもの、自分のだしたゴミだもの、手をかそうと思わないかい?

ということで、しばらくゴミ係をやらせて頂きます。
ちなみに、うちのとこに来るゴミ収集車の兄ちゃんたちは皆元気で感じいい♪
会うとかならず元気にGood morning, how are you today?
と手をふって、海流とかいると話しかけてくれたりするよ。
そんなとこはハワイっぽい。
by mizuhonn2 | 2013-09-21 07:41 | Yoga
<< 成長の過程 Happyオーラ♪ >>